袴の楽しみ

袴姿でも襟元のおしゃれはできます

袴姿でも襟元のおしゃれはできます

卒業式のシーズンによく見かける袴姿。
振袖に比べると見た目は少しシンプルですが学生らしい清楚さが素敵です。
袴の時には、振袖などに比べると、襟元の開きを小さく、すっきりと着ると清楚で凛とした美しい姿が引き立ちます。
胸元の色使いなどもシンプルに、特に卒業式などの式典や改まった席では、半襟は白で着るべきだとおっしゃる方もいらっしゃいますが、色物や刺繍の半襟や重ね襟をつけられても、実はマナーに反するということはありません。
着物や袴に合わせて、色や柄を選べば、ぐっと華やかな着こなしになるはずです。
近年、振袖では、レースやパールなどを使ったゴージャスな装飾をあしらったものも見受けられますが、袴には少々落ち着いたもののほうがおすすめです。
また、お顔に近いところですので、着物に合うのはもちろん、ご自分の顔色が映える色味を選べば、お肌もますますきれいに見えます。
お好みのイメージで、ぜひ素敵な着こなしを楽しんでみて下さい。

袴を穿く時の足元のスタイルは

卒業式や成人式で袴を穿く方が悩むのが足元のスタイルです。
足元のスタイルには草履かブーツが定番となっています。
草履であればきちっとした印象を与えることができます。
花柄の草履などデザインもたくさんありますのでオシャレを楽しむことができます。
但し、足元が冷えますので足袋を2枚重ねたり、足用のカイロを利用するなど工夫するようにしましょう。
一方でブーツを履くと大正時代ロマンを感じさせてくれる印象を与えることができます。
式典ですので、色は黒や茶色などの落ち着いた色を選び、ヒールはあまり高すぎないものを選ぶようにしてください。
ブーツのメリットは草履よりも温かい上に歩きやすく、雨や雪にも強いことです。
草履スタイルもブーツスタイルもどちらも人気ですので、気に入った方を選ぶと良いでしょう。
但し、どちらを履くかによって袴の裾の丈が異なってきます。
着付けが終わってから履物だけ変えるとバランスが悪くなってしまいますので、当日の天気やスケジュールなどを配慮して予め決めておくことをおすすめします。