袴の楽しみ

袴を気付ける時の位置について

袴を気付ける時の位置について

和装の中でも、特に女性は普段は着る事がないのが袴でしょう。
恐らく、女性の教師で卒業生を送り出す時か、大学の卒業式に着用する意外で、袴が登場する事は無いと思います。
 ですから、着付けする事は自分では無いに等しい事でしょう。
しかし、その割に袴の着付けは難しい事ではありません。
着物はどんな物でも大丈夫ですが、一応式ですから、お振袖でなくても、色無地や小紋などでもかまいません。
帯は幅の狭い半幅の帯を巻ます。
浴衣を着るときに巻く帯でじゅうぶんです。
しかも、振袖でも半幅帯ですからあまり堅苦しく考えなくても大丈夫です。
後ろでしっかり蝶結びしてください。
袴は、その半幅帯が少し覗く程度の位置に合わせて着付けます。
寸法を選ぶ時にその位の位置に来るのが理想なので自分の丈を前もって当ててみて決めておく事が必要です。
あまり長くても、反対に短すぎてもよくありません。
長さはくるぶし位が良いかと思います。
それに合わせて、着物は普通より短めに気付けるものです。

きれいに見える袴の後ろ姿

卒業式などの晴れの舞台に袴を着用する人は多く、専門学校や短期大学、大学などの卒業式には、色とりどりの袴姿を身にまとった女性がたくさんおり、学生最後の晴れ姿を披露しています。
先輩の晴れ姿を見たり、雑誌やテレビ、広告などを見て、自分も着たいと思う人も多く、早い時期から準備を始めてる人もたくさんいます。
袴は、前から見た姿のりりしさや美しさも大切ですが、後ろ姿の美しさも大切です。
着物を着つける時に、半幅の帯を使い、袴の後ろ部分とひもを帯にひっかけるように乗せます。
帯の結び目が大きければ、ふっくらと腰高な印象になりますし、小さめなら、控えめですっきりとした印象に仕上がります。
背が高い人は結び目を大きくし、背が小さな人は、体に見合う小さめの結び方にして、バランスよく見えるようにすることがおすすめです。
半幅帯を結ぶ時に、ふっくらと立てるように結ぶか、結び目を平らにつぶすように結ぶかで、帯の高さを調整することができます。